loading

英語ならウチがいちばん LEARNie

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら 050-3630-1031

受付時間 : 平日10:00~18:00

コラム

COLUMN


日本と海外での挨拶における違いとは

2018.06.03

英語教育

 

日本と海外では文化の面でさまざまな違いが見受けられます。海外で生活したことがある方だと分かるかもしれませんが、特に挨拶における日本と海外との違いも大きいです。

ここではどのような違いがあるのかご紹介しましょう。

 

■気軽に誰にでも挨拶

 

例えば道を歩いていて、まったく知らない人とすれ違ったとします。このようなときに日本では挨拶することはほとんどありません。

目が合ったような場合だと軽く会釈するくらいのことはあるかもしれませんが、わざわざ「こんにちは」「元気?」などと声をかけることはまずありませんよね。

でも、海外ではこうしたことはごく当たり前のように行われています。

見知らぬ人やすれ違った人、お店のスタッフなどにも気軽に挨拶するのは日本と海外における挨拶での大きな違いではないでしょうか。

 

■ハグも当たり前の習慣

 

日頃から頻繁にハグをするという方は少ないのではないでしょうか。

特に年配の方だとそのようなことはとても恥ずかしくてできないと思っているでしょうし、若い人ですらよほど親しい人でないとハグはできないと思います。

しかし、海外ではハグは挨拶の基本となっていますし、誰とでも気軽にハグをしています。最近では日本でもハグをする機会が増えてきたかもしれませんが、海外に比べるとまだまだと言えるでしょう。

初めて会った人にでも海外の人は気軽にハグすることが多いですし、これが一番最初の挨拶になることも珍しくありません。

 

■コミュニケーション力が高い

 

海外の人というのはおしなべてコミュニケーション力が高いことが多いです。日本人よりもコミュニケーション力が高いですし、だから誰とでもすぐに仲良くなることができます。

今後海外で活躍してみたいと考えている方、いつか海外で暮らしてみたいと考えている方は今からでもオンライン英会話を習ってみると良いかもしれません。

また、いつか子どもに海外で活躍できるような人に育ってほしいと考えている場合もオンライン英会話はおススメです。

優れた国際感覚とコミュニケーション力を身につけることも可能になるでしょう。早いうちから習わせたほうが効果は高くなると言われていますよ。

 

日本と海外では挨拶一つ取ってもこれほどの違いがあります。今後もし海外に出かけたい、外国で活躍したいと考えているのならこうした挨拶の常識も覚えておくと良いかもしれません。

まずは日本で暮らしながら誰にでも気軽に挨拶できるようになってみてはいかがでしょうか。